VIO脱毛とは

【介護のために脱毛?】VIO脱毛をすると将来役立つその理由とは

脱毛と聞くと、美容や見た目のためと思う人も多いと思いますが、

近年、自分が将来介護を受ける時のために脱毛する人が増えている。

それが【介護脱毛】だ。

今回の記事ではなぜ介護脱毛が広まりつつあるのか、その理由をまとめてみました。

介護脱毛=VIO脱毛

介護脱毛とは、自分が将来介護を受けるときに備えて.

【アンダーヘアのVIO脱毛をすること】をさします。

【VIOとは?】最近注目の「VIO脱毛」について特長を解説近頃メンズ脱毛でも話題になっていて、脱毛サイトでよく目にする【VIO脱毛(ブイアイオー脱毛)】ですが、 って思いませんか?...

介護脱毛と命名したリゼクリニックによると、年々介護脱毛の認知度が上がり、

40歳以上の男性患者数は増加しているそうです。

メンズリゼより引用

40歳以上の男性で急増している理由は、時間やお金に余裕がある以上に、

親の介護などを経験し、自分自身に置き換えたからではないでしょうか。

介護脱毛のメリット

介護脱毛(VIO脱毛)のいいところは、介護する方、される方の双方にメリットがあることだ。

主には排泄介助の負担軽減による衛生面と快適性のアップだ。

毛がなくなり排泄介助が楽になると・・・

・大便をしたとき、赤ちゃんのおしり拭きみたいに拭くのが楽になる(特に軟便の時は)。時間短縮、陰部の露出が減りお互いのストレス減少になる

・毛に絡まず、拭き残しが減るので衛生的かつ臭い防止になる

・拭く回数が減るので肌に優しく、肌トラブルの際くすりを塗りやすい

アンダーヘアがなくなると、排泄介助の作業性がアップし、

介護する方は楽に、介護される方は快適になるのでいう事なしですね♪

介護脱毛のデメリット

介護脱毛を完了するまでにはリスクやデメリットもあります。

・脱毛するとき痛みや肌トラブルなどがある

・脱毛するためには高額な料金がかかる

・脱毛すると元の毛には戻れない

・Vラインがつるつるだと温泉や性行為で恥ずかしいかも

私は全身脱毛のコース内にVIO脱毛が含まれていましたが、痛みは我慢できる程度で、

比較的効果も出やすいと感じました。

金額が5万円~は掛かると思いますが、将来の長いメリットを考えると価値はあると思います。

VIOすべてをツルツルにするのに抵抗がある場合、Vラインは適量残し、

Iライン・Oラインはすべて脱毛すると介護脱毛のメリット・デメリットのバランスがとりやすいと思います。

介護脱毛には医療レーザー脱毛がおすすめ

美容ではなく、介護のためのVIO脱毛となると、

長い間無毛状態が続かなければならないので、オススメは【医療レーザー脱毛】になります。

脱毛には他にもワックス脱毛や光脱毛があります。しかし

ワックス脱毛は毛を一時的に抜くだけで、生えてくることが前提なので論外、

サロンなどで行われる光脱毛は一定の効果はありますが、

永久脱毛の保証はないのでオススメできません。

【脱毛の種類】光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛の違いいざ脱毛をしよう!と思い検索をすると 大手脱毛サロンやクリニックの広告をよく目にすると思う。 一見同じような業種に見えるが、...

その点、医療レーザー脱毛では永久脱毛の効果が得られるため、

介護を受けるている間に毛が生えてくる心配が少ないのです。

医療レーザー脱毛は白い毛には適用できません(黒い毛のメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えるため)

アンダーヘアが白髪になる介護年齢から脱毛することは難しいので、

40~50代くらいまでに脱毛を始める必要があります。

脱毛に無縁だった人も、介護の実体験から

アンダーヘアっていらないよな~

と思い介護脱毛をする人が増えています。

私も全身脱毛の中で、VIO脱毛が一番見た目以外の効果を感じています

人生100年時代に通ずる自己投資として、介護脱毛を考える価値はありそうですね!

ABOUT ME
pigopago
毛が濃い事が最大のコンプレックスだったアラフォーサラリーマン。 試しにやってみた脱毛でコンプレックスを克服! 少しでも、同じ悩みを抱える同士の助けになればと思い、ブログを書いています。