脱毛方法

【脱毛の種類】光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛の違い

いざ脱毛をしよう!と思い検索をすると

大手脱毛サロンやクリニックの広告をよく目にすると思う。

一見同じような業種に見えるが、厳密には各会社によって

脱毛方法や扱っている機械が異なるのだ。

なので今回は脱毛を始めるにあたり、脱毛の種類を解説し、

納得の脱毛方法を選んでもらいたい。

脱毛方法は「光脱毛」「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」

脱毛の種類はエステやサロンで気軽に始められる「光脱毛」、

医療機関だからできる高出力のレーザーで永久脱毛可能な「医療レーザー脱毛」、

ムダ毛1本1本を処理しデザイン脱毛に適す「ニードル脱毛」の3種類に分けられます。

エステやサロン、クリニックなど施術する会社によっても受けれる脱毛方法が変わるので、

詳しく見ていきましょう!

光脱毛とは

  • 脱毛サロンやエステサロンで出来る
  • ムダ毛を生やす働きをする細胞に強い光を当てて毛を減らす
  • この中では1番低価格で、店舗数も1番多い(地域のサロンなどに広く浸透)
  • 痛みが少なく、美容効果がある
  • 機器によっては日焼け肌などにも脱毛できる
  • 脱毛効果は3種類の中では1番低く、永久脱毛は難しい

※永久脱毛とは「最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法であること」とアメリカで定義されています。

などが特徴として挙げられる。

低価格、店舗数の多さ、痛みの少なさから、初心者やちょっと脱毛の効果を体験したい人、一時的にムダ毛を減らしたい人にお勧めできる。

また有名サロンやクリニックが遠くて通えない人も、地域のサロンで行えることも多く、

通いやすく、続けやすいことも特徴だ。

ただ上記3種類の脱毛の中では、1番効果が出にくいとも言われているので、

長期間、ダラダラと脱毛に通う可能性もある。

また医療機関ではないので、照射するレーザーの出力も規定により制限されており、

毛を破壊することも出来ないので「永久脱毛」と謳うことは出来ない。

基本的には一時的な減毛となる。

光脱毛にはさらに3種類の方法があり、簡単にまとめると

IPL脱毛

・「インテンス・パルス・ライト」と呼ばれる特殊な光を当てて脱毛を促進

・ムダ毛の太さに合わせて、光の波長と調整できる

・光の照射範囲が広いので、全身脱毛にも適す

・毛が生え変わるサイクルのうち「成長期」の毛に照射する

・日焼け肌、ほくろには照射できず、剛毛には強いが、産毛に弱い

・有名サロン 【MEN’S クリア】【RINX】【メンズキレイモ

SSC脱毛

・イタリアで研究、開発された「スムーススキンコントロールメソッド」に基づく脱毛方法

・専用のジェルと専用の光の相乗効果で毛の成長を抑制する

・ムダ毛を無くすというより薄くする

・毛が生え変わるサイクルのうち「成長期」の毛に照射する

・有名サロンは【ミュゼ】【脱毛ラボ】 ※男性脱毛では扱いない?

SHR脱毛

・毛を作り出す細胞に指令を出している「バルジ領域」にアプローチすることで脱毛効果を出していく

・毛の生え変わるサイクルは施術に関係ない

・日焼け肌やほくろもOK

・痛みが少ないが、その分効果も薄い傾向に

・有名サロン 【ストラッシュ】【ラココ】【キレイモ】 ※女性の脱毛サロンが大多数だが、男性脱毛にも転用しているサロンも多い

ちなみに私は光脱毛のSHRという方法で脱毛をしています。

【全身脱毛でSHR】効果あり!私がやっている脱毛の種類皆さん脱毛をしようと思っても 高額だし・・・ 効果あるかわかんないし・・・ どこでやるのが一番いいんだろう・・・ ...

医療レーザー脱毛

  • 「医療行為」にあたりクリニックで医師や看護師しか施術出来ない
  • 医療行為により、高出力のレーザーが照射可能。毛の細胞を破壊することができるので「永久脱毛」が可能
  • 毛の色の素である「メラニン色素」にレーザーを照射し、ムダ毛の組織を破壊して、ムダ毛が再生しない状態に変化させる方法
  • 日焼け肌、地黒などメラニン色素が多いと脱毛できない
  • 肌トラブルにも医療資格者が在籍しているので安心
  • その分痛みも強いが、麻酔が使って痛みの軽減ができる
  • 費用も光脱毛より高い

前記した光脱毛より、脱毛効果が高いのが何よりの特徴です。

医療脱毛に当てはまり、発毛に関する細胞を破壊することで「永久脱毛」が可能。

また脱毛効果も高いので、通う回数が光脱毛より少なくて済む傾向にあります。

ただ痛みが光脱毛より強く、1回あたりの費用も高くなる傾向になります。

医療レーザー脱毛にも3種類あります。

蓄熱式ダイオードレーザー

・SHR脱毛と同じ「バルジ領域」脱毛

・「毛周期」や肌の色、ほくろなど気にせず施術可能

・痛みもレーザー脱毛の中では比較的少ない

・光脱毛のSHR脱毛より高い効果は期待できるが、それでも他の脱毛方法より回数がかかってします可能性がある

・有名クリニック 【メンズリゼ】【メンズ湘南美容クリニック】【ゴリラクリニック

アレキサンドサイトレーザー

・男性の毛質・肌質や目的に合わせて、光の波長を選択

・光脱毛より強い痛みを感じる可能性がある

・剛毛をしっかり脱毛するのに向いている

・日焼けや色黒肌はNG

・有名クリニック 【ゴリラクリニック】【メンズ湘南美容クリニック】

ヤグレーザー

・皮膚のより深い層まで光を届ける

・産毛に対して効果的

・日焼け、色黒肌も施術可能

・肌が弱い人は赤みが残ったり、痛みを強く感じる可能性も

有名クリニック 【メンズリゼ】【ゴリラクリニック】

ニードル脱毛

  • エステやサロン、クリニックで施術可能
  • 毛穴の1つ1つに針を刺して、電気や高周波を流してムダ毛の再生を防ぐ
  • 白髪や産毛、日焼けや色黒肌にも施術可能
  • 1本1本処理するため料金が高額&時間が掛かるので広範囲の脱毛に向かない
  • 強い痛みがある、炎症が起こるリスクが高い
  • 他の脱毛と違って料金が本数制や時間制

毛の1本1本に処理をしていくので「永久脱毛」の効果が最も高い。

ただその分強い痛みや、料金が高額になる傾向にある。

全身脱毛などの広範囲ではなく、主にヒゲ、眉、Vラインなどの脱毛に用いる。

1本1本の処理なので髭や体毛のデザインが可能。

ニードル脱毛には2種類の方法がある

絶縁針脱毛

・医療機関でのみ取り扱い

・針の一部に絶縁加工がされており、肌に負担をかけないようになっている

・採血、血液検査がある

・取り扱い店舗は少ない 【渋谷皮フ科医院】【赤坂クリニック】など

美容電気脱毛

・主にサロンで行われている

・プローブと呼ばれる使い捨ての針を使用

・有名サロン 【メンズTBC】【ダンディハウス

まとめ「どの脱毛方法がいいのか」

簡単にまとめると

◆価格 ニードル脱毛>レーザー脱毛>光脱毛

◆効果 ニードル脱毛>レーザー脱毛>光脱毛

◆痛み ニードル脱毛>レーザー脱毛>光脱毛

◆回数 光脱毛>レーザー脱毛>ニードル脱毛

となる。

痛みや費用を抑えながら気軽に脱毛したい!って人は「光脱毛」

痛みや費用はちょっと掛かるけど、確実な効果を求めるなら「レーザー脱毛」

髭やVラインなどピンポイントで脱毛したいなら「ニードル脱毛」

が大まかな組み分けだろうか。

またアクセスやスタッフ、脱毛器(痛み)との相性も大事になってくるので、

必ず【体験コースから始める】ことをお勧めします!

長い付き合いになることもあるので、下調べはしっかり行いましょう!

 

私個人は「光脱毛」から始めました。

かなり毛深い私でも効果はありましたし、全身脱毛で総額35万円くらいかかっていますが

その前で脱毛を卒業できる人が多いのではないでしょうか。

ただ照射漏れによりまだらに毛が生えていたり、一部硬毛・増毛したり、

髭には全然効果なかったりと不満もあります。

また35万くらいかかるのならクリニックのレーザー脱毛の回数プランも選択肢に

入るかもしれません。

何度も言いますが、脱毛方法は後からで、通いやすさ(価格、アクセス、相性)

が大事です。

体験プランや都度払いのように、大型契約を結ぶ前に1回体験することをお勧めします。

大事なお金と時間、体を提供するので後悔のないようにしましょう(^^♪

ABOUT ME
pigopago
毛が濃い事が最大のコンプレックスだったアラフォーサラリーマン。 試しにやってみた脱毛でコンプレックスを克服! 少しでも、同じ悩みを抱える同士の助けになればと思い、ブログを書いています。